« コンサートのご案内 | トップページ | 大阪クラシック »

老人ホームにて

昨日の仕事は富田林市の老人ホームにあるピアノの調律でした。この施設には4台のピアノがあります。デイサービスの部屋で使用したり、入所者の方が弾かれたりしています。

ある程度年数が経ったピアノが多く、1台は弦が切れていて、もう一台は音が鳴らなくなっていました。

音が鳴らなかった原因は、センターピンというアクションの回転部分の軸になる金属ピンが抜けてきていました。(下の画像でピンが少し飛び出しているのがお分かりいただけるでしょうか?)施設やホテルなど、常にエアコンが入っている環境では、乾燥して部品の取付けネジが緩むことが多くあります。そして良く弾くことで、ピンが抜けてしまうのです。

逆に多湿な場合も、以前に書きましたように部品が膨張して、アクションが動きにくくなります。(日本ではこの事例のほうが多いです)ピアノにとって湿度管理がいかに大切かがお分かりいただけると思います。

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

Img_0912_2 Img_0917_2

|

« コンサートのご案内 | トップページ | 大阪クラシック »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 老人ホームにて:

« コンサートのご案内 | トップページ | 大阪クラシック »