« ベニヤ板の響板 | トップページ | ピアノの納品調律 »

女性ピアノマイスター

女性の社会進出がめざましい昨今ですが、我々ピアノ調律師の業界も例外ではありません。調律師を養成する専門学校でも過半数が女性のようですし、調律師協会の会合でも女性が増えてきているように感じます。

先日も、日本人女性でドイツのピアノマイスターの実技試験に合格した方の話を聞く会が、(社)日本ピアノ調律師協会関西支部大阪地区の主催で、神戸にある輸入ピアノのディーラーのショールームで行われました。

マイスターとは手工業企業を設立するために必要な親方の資格のことで、大工、左官などから、ベーカリー、理髪師など、面白いものでは煙突掃除の資格もあるそうです。親方の資格ですので、専門技術はもとより、簿記や教育学など、経営に必要な知識も必要になります。

今回お話をされていた方は、ドイツのマイスター学校に1年間通って実技試験に合格したそうで、今後はドイツ語の勉強をして、筆記試験も受けたいとの事でした。この行動力は我々男性も見習わなくてはいけませんね。

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

Img_1063

|

« ベニヤ板の響板 | トップページ | ピアノの納品調律 »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女性ピアノマイスター:

« ベニヤ板の響板 | トップページ | ピアノの納品調律 »