« よく汚れてますね~ | トップページ | 総合メンテナンス in 阪南市 »

音の迷路

正確な音程の調律、狂いにくい調律、そしてその先にある調律を追い求めたときに、調律師は音の迷路に入ってしまいます。音のイメージ、姿勢、打鍵、チューニングハンマーの操作、使う工具の吟味など、あらゆる点を検証して、演奏者が求める「良い調律」へ向けての道を探ります。

先日加工を依頼していた新しいチューニングハンマーが届き、新たな発見がありました。しかし、まだまだ道半ばです・・・

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

Img_1130

|

« よく汚れてますね~ | トップページ | 総合メンテナンス in 阪南市 »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰致しております。
いつも兄さんのブログを楽しく拝見させて頂いております。丁度私もチューニングハンマーで迷子になっていましたのでヤーンのグースネックの柄を加工した画像に釘付けになってしまいました。お元気そうですね!

投稿: 悪@あがき | 2009年2月11日 (水) 22時32分

悪@あがきさん、コメントありがとうございます。お互い悩んでいるようですね
私は技術で閉塞感を感じると、つい工具の浮気をしてしまいます。(また元の工具に戻ることも多いのですが・・・)そういう試行錯誤を繰り返すことで、腕は磨かれていくんでしょうね。

投稿: ひで | 2009年2月11日 (水) 23時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 音の迷路:

« よく汚れてますね~ | トップページ | 総合メンテナンス in 阪南市 »