« ポーランド製のピアノ | トップページ | ハンマーの交換 今度はアベル »

バランスピンの錆

先日は、河内長野市のお客様のピアノの総合メンテナンスでした。ピアノはアトラスのピアノです。鍵盤を外そうとしても固くてなかなか外れません。鍵盤を傷めないように慎重に外してみると、バランスピンがかなり錆びていました。Img_1355

バランスピンとは、鍵盤の動きの中心の軸になる部品です。バランスピンが錆びていると当然鍵盤の動きに影響しますし、今回のように上部まで錆びていると、鍵盤とバランスピンの摩擦個所に貼っているクロスが早く磨耗してしまいます。

バランスピンの錆を落として、防錆・潤滑の処理をしました。湿度の高い場所や、結露の多い部屋に置いているピアノは注意が必要です。

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

|

« ポーランド製のピアノ | トップページ | ハンマーの交換 今度はアベル »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポーランド製のピアノ | トップページ | ハンマーの交換 今度はアベル »