« バランスピンの錆 | トップページ | 一歩ずつ »

ハンマーの交換 今度はアベル

先月にヤマハU3Hのハンマーをドイツのレンナー社のハンマーに交換しましたが、今度はドイツのアベル社のハンマーを使用してのハンマー交換でした。40年以上前のヤマハU3Eでしたが、ハンマーのフェルトが磨耗、劣化して、調律に伺うごとの整音では大きな改善は見込めない状態でした。

Img_1331

今回使用したアベルのハンマーは、重さがヤマハのハンマーに比較的近く、交換後のウエイト調整が少なくて済みますので、仕上がり後のタッチの違和感があまりありません。

Img_1343

この年代のピアノは、現在のピアノに比べれば素材も良い楽器が多く、適切な修理をすればまだまだ使うことができます。

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

|

« バランスピンの錆 | トップページ | 一歩ずつ »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バランスピンの錆 | トップページ | 一歩ずつ »