« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

41年ぶりの調律

昨日は、神戸市の新規のお客様の総合メンテナンスでした。前回の調律は昭和43年、と言うことは何と41年ぶりの調律です。湿気が多い場所に置いてあった影響で、鍵盤にカビが付いてかなり汚れていましたので、作業はまず内部の清掃やカビ取りから始まりました。

Img_1543

音程は半音、場所によってはそれ以上低下していました。古いピアノで大きくピッチを上げる場合は、弦が切れる可能性がありますので、作業は慎重に行います。このピアノの場合、作業前に切れている弦が1本ありましたので、弦も金属疲労を起こしている様子です。調律はかなり緊張感がありましたが、無事弦は切れずに調律できました

湿度が高い場所に置いてあると、内部のアクション部品が膨張して作動不良を起こします。このピアノの場合も、音が出ない個所が数ヶ所ありましたので、センターピンというアクションの回転軸のピンを多数交換しました。音色も荒れていましたので、ハンマーフェルトを整形し、フェルトが固い部分に針を刺して弾力を持たせ、何とか1日でまとめることができました。

ピアノは障害のある子供たちをケアする施設にあり、子供たちのために演奏するそうです。古いピアノでも、本体に大きな問題が無い限り、適切なメンテナンスをすればよみがえります。このピアノも、これから子供たちのために活躍することでしょうね。

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

ご紹介の輪

今日は羽曳野市にお住まいの新規のお客様でした。スタインリッヒのアップライトピアノです。

Img_1542

ありがたいことに、ご紹介が連鎖的に続いています ピアノ教室の先生~教室の生徒さん~生徒さんのお知り合い~お知り合いのご親戚、という具合で、そのご親戚が今日のお客様です。

すべての方が、最初のピアノ教室の先生の生徒さんです。実力もあり、人間的にもすばらしい先生ですので、先生の口添えのおかげであることは言うまでもありません。

また、すべての方に共通していることは、それまでの調律師の仕事に満足していないということです。音量の不揃いや、音色、音の狂いに関してなど内容はさまざまですが、満足していれば私に依頼が来なかった仕事です。

私の方も、今まで以上の仕事をしなければいけませんので、プレッシャーがかかりますが、整調や整音を今まであまりしていなかったケースが多く、基本通りの作業をすれば状態は改善しています。

私がこの仕事を始めた昭和50年代は、ピアノが飛ぶように売れた時代で、調律師も音を合わせるだけで飛び回っていても、次々に仕事がありました。社会が成熟した今、よりレベルの高い仕事が一般家庭でも求められているのだと思います。

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

緊急出動

先日高槻市の新規のお客様から「娘がピアノの音が気に入らなくて練習できないと言うので調律に来て欲しい」との連絡が入りました。お急ぎの様子でしたので、急遽伺うことになりました。

ピアノはヤマハのYUS1MhCで、マホガニー仕上げが美しいピアノでした。高さは121cmですが高級グレードのピアノです。音の狂いが大きく、整調の誤差や、ハンマーの弦に対する当り具合のずれの影響で、タッチや音色の不揃いがありました。

Img_1527

コンクールを間近に控えているとの事。本番が近づいて集中力が上がってくると、 音の狂いや音色の不揃いが耐えられなくなるのだと思います。整ったピアノで練習して、本番頑張って下さいね。

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

総合メンテナンス in 海南市

先週は世間はお盆休みの時期でしたが、和歌山県の海南市へ新規のお客様の総合メンテナンスに伺いました。行きの高速道路は、帰省ラッシュや高速道路料金が¥1,000だった影響もあり、しっかり渋滞していました

Img_1524

ピアノはヤマハのUX-5でした。高級グレードで本体のクオリティは高いピアノです。全体的に内部が変化していましたので、一日お邪魔して調律、整調、整音をじっくり仕上げました。

Img_1525

最近、ホームページをご覧になって総合メンテナンスをご依頼いただくお客様が多くなっています。多少費用がかかっても、ピアノをより良い状態にしたいというお客様が増えているのだと思います。そして良い技術に対するニーズも高まっているように感じます。我々技術者も要望に応えられるよう常に腕を磨かなければいけませんね。

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

葛城市にて

お盆休みは皆さんいかがお過ごしでしょうか?私は昨日、今日と休みが取れましたので、少しゆっくり過ごしています。

さて先週の話ですが、奈良県葛城市にお住まいの、新規のお客様宅に伺いました。葛城市は、大阪府南部と奈良県の県境にある葛城山を見渡せる場所にあります。

Img_1522

ピアノはカワイのアップライトで、マホガニーの外装が綺麗なピアノでした。今回は、総合メンテナンスのご依頼でしたので、1日お邪魔して作業を行いました。

Img_1523

ピアノを弾いている高校1年生の娘さんは、ピアノの内部を見るのは初めてだったそうで、写メールを撮ったりしながら興味深げにご覧になっていました。作業後に弾いていただいたのですが、「(以前の状態と)全然違う!」と、喜んでいただけた様子。気持ちのこもったドビュッシーのアラベスクを聴かせてくれました

ご主人様からのご依頼でしたが、とても細やかに気配りをしていただき、1日気持ち良く作業をさせていただきました。本当に有難うございました。喜んでいただけて何よりです これからもよろしくお願い致します。

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

15年ぶりの再会

先月末にお客様から問い合わせのメールがあり、「以前に住んでいたマンションで調律をしていただいた田中さんではないでしょうか?」との事でした。私が約15年前までピアノ店に勤めていた時代にお伺いしていたお客様が、ホームページをご覧になって連絡いただいたのでした。

そして先日調律に伺いました。ピアノは ROLEX というブランドで、浜松にあった大成ピアノで製造されたピアノです。懐かしいお客様、そしてピアノとの再会でした。

Img_1515

約15年の年月が流れているのに覚えていて下さったとは、嬉しい限りです 私が以前伺っていた時に産まれていなかった娘さんが、もう高校生になるとの事、時の流れを感じますね。

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

総合メンテナンス in 藤井寺市

夏休みに入ると子供さんも学校が休みなので、調律にお伺いした時に子供さんに会えるケースが多くなります。

先日総合メンテナンスにお伺いしたお客様のお宅でも、小学校4年生の娘さんがいました。ピアノの内部に興味津々の様子で、私のそばでずっと作業を見ていました。(ペダルの雑音を直す時も、一緒に鍵盤の下にもぐり込んで作業を見ていました) 弾いている本人がピアノの内部を理解する良い機会ですので、簡単に仕組みを説明したり、触っても支障が無い部品は触らせてあげるようにしています。

今回は特に、鍵盤の高さや深さの不揃いが多くありました。ピアノの鍵盤の深さは、一般的に10mm下がります(メーカーによっては違う場合があります)。演奏者は、たった10mm鍵盤を押えるだけで、強弱や音色を変化させなければなりません。ですから、0.1mm違うだけでも、タッチや音色に影響します。

Img_1512

娘さんは作業を見ながら、「今は何を直しているの?」「なぜ鍵盤の奥側は曲がっているの?」「これは何の部品?」と次々に質問を投げかけます 小学生に分かりやすく説明するのに苦労しましたが、いつも音程を合わせる時や整音の時意外は黙々と作業をこなしますので、今回は話し相手がいて楽しく過ごせました

9月にコンクールを受けられるとの事。整ったピアノでしっかり練習して、本番頑張って下さいね。

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

嬉しい手紙

先月に調律にお伺いしたお客様から嬉しいお手紙が届きました。そのお客様は、以前グランドピアノをお持ちでしたが、置き場所の都合などグランドピアノを処分し、昨年、あるお店でアップライトピアノを購入されました。

私は以前のグランドピアノを調律させていただいていたのですが、先月アップライトピアノの調律をさせてただきました。お手紙の一部を紹介させていただきます。

「先日は、お世話になり有難うございました。あの翌日、弾いてみましたら、本当に美しい音色に変わっていまして、びっくり致しました。タッチの具合も良くなっていますし、さすがと思いました。この1年、以前のピアノが恋しい気分で過ごしましたが、お蔭様で、これから新しい気持ちでピアノに向き合うことが出来ます。本当に有難うございました。」

基本通りの作業をしただけですが、こういうお手紙をいただくと嬉しくなりますね 技術者冥利に尽きます。まだまだ勉強中ですが、これからも全力でピアノに向かいたいと思います。

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

神戸にて

近畿地方の梅雨もようやく明けたそうですね。昭和26年に統計を始めて以来、最も遅い梅雨明けだそうです。

先日は神戸市のお客様のお宅へ伺いました。お住まいは神戸市の山手にあり、港の景色が一望できます。

Img_1425 

実はこのピアノは数年前に火事に遭い、私がオーバーホールしたピアノです。消火のため水浸しになり、中までススだらけの状態で、気の遠くなるような修理でした。しかし現在は、鍵盤の奥側など見えない部分の黒ずみこそありますが、音、タッチ、チューニングピンの状態など至って良好です。楽器の復元力は見事ですね。

Img_1423

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

青谷ゴルフガーデン

昨日は、大阪府柏原市にある青谷ゴルフガーデンに伺いました。青谷ゴルフガーデンは、ゴルフの練習場ですが、専務のY様が大阪芸術大学に在籍していることもあり、芸術の普及活動もされています。

Img_1506

Img_1508

グランドピアノが置いてあるクラブハウスには、絵画の大作が飾られていました。没後14年を迎える森崎幸氏の作品で、2階のギャラリーにも多数展示されているそうです。興味のある方は、足を運んでみてはいかがでしょうか?

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »