« シンメルの破産法申請に想う | トップページ | ピアニスト K様のお宅へ »

ヤマハ P1B

先日調律したのは、ヤマハP1Bでした。製造されたのは昭和37年、と言うことは私同じ年です!単なる偶然ですが、妙に親しみが湧いてきます。

Img_1551

コンパクトタイプで背が低く、鍵盤も85鍵と現在のピアノより3鍵少なくなっています。いつも作業を始める前に、鍵盤を端から端まで半音階で弾いて、音やタッチを確かめるのですが、いつもの習慣で最高音のドまで指が動いて、鍵盤が無い部分を弾いてしまいそうになります

Img_1549

ハンマーのフェルトに弦の跡が深く付いて、音色が荒れていましたので、フェルトを削って整形し、針を刺して弾力を回復させる整音を行いました。

Img_1550

古いピアノでも、本体に大きな問題が無い限り、適切な調整や修理をすれば使うことができます。ピアノは木材やフェルト、皮など、貴重な天然素材でできていますので、できるだけ直して末永く使っていただきたいと思います。

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

|

« シンメルの破産法申請に想う | トップページ | ピアニスト K様のお宅へ »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シンメルの破産法申請に想う | トップページ | ピアニスト K様のお宅へ »