« 手紙 | トップページ | 修行 »

コーヒーブレイク

この時期は学校の仕事が多くなります。昨日も堺市の小学校で音楽室、多目的室、体育館のピアノの調律をしました。音楽室で作業をしていると、音楽の先生が向かいの校舎の職員室から、音楽室のある3階までわざわざコーヒーとお茶菓子を持って来て下さいました

Img_1897

学校でお茶を出して下さるケースはとても少ないので、ありがたくいただいて次の体育館へ向かいました。しかし今年の冬は、2月に少し寒い時期もありましたが、全体的に暖冬ですね。体育館のピアノの調律はいつも手が痛くなって苦労するのですが、今年はとても助かっています。

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

|

« 手紙 | トップページ | 修行 »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

初めてコメントさせていただきます。
場所は全く違うのですが、教室の雰囲気が母校とそっくりです! 私が通った学校も、まさしく、こんな感じの音楽室でした。
写真を見ていてふと思い出したのですが、グランドピアノの鍵って、たしか手前の壁?板?みたいなところにあったと思うのですが、あそこを閉めると、鍵盤の蓋も開かなくなるのでしょうか? 鍵盤の蓋が開いちゃったら、すごく意味ない気がして、あんなところに鍵があるのが、不思議な感じがするのですが・・・。
母校ではピアノに鍵が掛かってなかった?ので、昼休みになると、みんな適当に弾いて遊んでいました。
何故か、ネコ踏んじゃった連弾とアラベスク(ブルグミュラー25)早弾きが流行ってたんですよね……若気の至りってやつでしょうか(笑)

投稿: CHOCCO | 2010年3月28日 (日) 21時47分

CHOCCOさん
コメントありがとうございます。グランドピアノの鍵穴は蓋の上部にありますが、鍵をかけると内部の金具が下がって蓋の奥側に出ることで、ストッパーの役割をして蓋が開かなくなります。アップライトのように蓋の手前をロックするのとは止める場所が違います。お分かりいただけたでしょうか?
私が伺っている小学校でも、大半は鍵をかけていないようです。以前生徒が鍵盤を割ってしまった学校の先生に「鍵をかけたらいかがですか?」とお話ししたところ「生徒が自由に弾けるようにかけていないのです。」とおっしゃっていました。

投稿: ひで | 2010年3月28日 (日) 22時18分

お返事ありがとうございます!
グランドピアノも蓋がちゃんと開かなくなるのですね!
よーく解りました
我が家にもKAWAIのアップライトがあるのですが、もう20年来調律していません(汗)
1970年~80年のピアノブームに便乗して両親が買ってくれたものですが、当時はピアノの練習をするのも嫌で嫌で、先生が来る直前に逃亡したほどです。
今更になって、ちょこちょこ練習するようになり、こんな大きな買い物をしてくれた両親への感謝とともに、いつか絶対きちんと調律して使ってあげようとピアノへの愛情もわいてきました。(アラベスクしか弾けないんですけど)
ひでさんのブログを見ていたら、ますますピアノが好きになりました
ありがとうございます。

投稿: CHOCCO | 2010年3月29日 (月) 20時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 手紙 | トップページ | 修行 »