« (社)日本ピアノ調律師協会総会 | トップページ | 古民家でのコンサート »

オオハシピアノ

先日は、堺市の新規のお客様の総合メンテナンスでした。ピアノは「オオハシ」です。「オオハシ」は、日本のピアノの名工、大橋幡岩氏が設立した「オオハシピアノ研究所」で製造された、こだわりの名器です。

Img_1991

Img_1989_2

実は堺市で調律をされていたO氏が以前調律されていたのですが、数年前に残念ながら病気で亡くなられました。O氏とは(社)日本ピアノ調律師協会の集まりでよくお話させていただきましたが、自分を飾らない職人タイプの方で、オーバーホールもこなされるすばらしい技術者でした。

O氏の仕事に恥じないように、一日かけて作業を行いました。後日電話でピアノの様子を伺ったところ、「粒が揃って久しぶりにオオハシらしい音になりました」とのことでした。少希少価値のあるピアノですので、末永く大切にお使いいただきたいと思います。

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

 

|

« (社)日本ピアノ調律師協会総会 | トップページ | 古民家でのコンサート »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« (社)日本ピアノ調律師協会総会 | トップページ | 古民家でのコンサート »