« スタインウェイのアップライト | トップページ | 2年ぶりの訪問 »

鍵盤が上がらない

先日は松原市で、新規のお客様のピアノの総合メンテナンスでした。ピアノはWAGNER(ワグナー)、浜松の東洋ピアノで製造されたピアノです。

Img_2083

今回は特に、鍵盤が上がりにくい箇所があるので直して欲しいとのことでした。鍵盤が動きにくい原因は、鍵盤の間に異物が詰まっている、鍵盤の動きの軸になる金属ピンの通っている穴が狭い、アクションの動きが悪くそれに連動して鍵盤が動かない、などが考えられます。

今回は、鍵盤の金属ピンの通っている穴が湿気の影響などで木材やクロスが膨張して狭くなっていましたので、キープライヤーと呼ばれる工具で広げてスムーズに動くようになりました。

Img_2084

奥様が3歳の息子さんのためにピアノを弾いてあげているそうです。調律の期間が空いていましたので、半音程度ピッチが下がっていましたが、これからは正しい音程で聴かせてあげられますね。

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

|

« スタインウェイのアップライト | トップページ | 2年ぶりの訪問 »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スタインウェイのアップライト | トップページ | 2年ぶりの訪問 »