« ハイアットリージェンシー大阪 | トップページ | 音が止まらない »

多湿な環境

今月の初めに新規のお客様から「上がらない鍵盤が何ヶ所もあり、音が鳴りにくい個所もあるので見て欲しい」とのご依頼があり、昨日訪問しました。山手で湿気が多い環境なのだろうと予想して車を走らせましたが、道からお宅の門へ続く道は、まさに自然に囲まれたお住まいでした。

Img_2109

ピアノがあるお部屋の湿度は80%、鍵盤やアクションの木材やフェルトが湿気を含んで膨張し、演奏できない状態でした。

Img_2107_2

センターピンと呼ばれる、アクションの回転軸のピンを多数交換し、膨らんだ鍵盤のクロスを圧縮して、約半日かけてようやく演奏できる状態になりました。

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

|

« ハイアットリージェンシー大阪 | トップページ | 音が止まらない »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハイアットリージェンシー大阪 | トップページ | 音が止まらない »