« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

小学校にて

少し前になりますが、河南町にある小学校に伺いました。アップライトピアノの鍵盤の下には、長年のホコリがたまっていましたので掃除しました。

Img_2274

Img_2275

上の画像が掃除前、下が掃除後です。 音楽室には先生が書かれた歌詞の紙が貼られていました。綺麗に色づけされた紙を見ると、先生の生徒に対する思いが伝わってきますね。生徒たちの美しい歌声が聴こえてきそうです

Img_2276

こちらの学校では、いつも教頭先生が調律中にコーヒーやお茶を持って来て下さいます 細やかな心遣いありがとうございます。

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

橿原考古学研究所附属博物館

先日は奈良県橿原市での仕事でした。少し時間がありましたので、橿原市にある橿原考古学研究所附属博物館へ行きました。

Img_2287

展示室ごとに旧石器~弥生時代、古墳~飛鳥時代、飛鳥~鎌倉・室町時代と年代を分けて展示されていました。石器や土器、埴輪や銅鐸、神獣鏡など膨大な数の展示物があり、改めて奈良県の歴史の深さを感じることができました。館内は撮影禁止でしたので、下の画像は中庭の埴輪です。

Img_2286

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

ハンマーフェルトのはがれ

実家に置いているピアノの修理見積もりをして欲しいとのご依頼があり、お伺いしました。中を見てみるとハンマーのフェルトがはがれていました。

Img_2273

ハンマーフェルトは、平らなフェルトに圧力をかけてハンマーウッドと呼ばれる木に巻きつけて作られていますので、常に元に戻ろうとする力が働いています。フェルトをピンで留めて固定しているのですが、しっかり留められていないためにフェルトがはがれてしまっていました。アクションをお預かりしてハンマーを交換することになりました。

Img_2285

昼間は調律に出掛けて、夜は工房で修理をする毎日が続いています。修理はこだわるほど時間がかかってしまい、根気と体力が必要ですが、徐々にピアノが仕上がっていく過程は楽しさもあります。

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

内田光子コンサート

先週の金曜日に、兵庫県立芸術文化センターで内田光子さんのコンサートがありましたので、聴きに行きました。

Img_2270_3

クリーヴランド管弦楽団との共演で、曲目はモーツァルトのピアノ協奏曲第23番、24番などでした。内田さんがピアノを弾きながら指揮をする「弾き振り」で、ピアノはオーケストラの中央に鍵盤を手前にして大屋根を外して置かれていました。

時にはオーケストラと溶け合い、時には浮き上がらせて、自在に音を変化させての演奏に、聴衆は聞き入っていました。演奏後の会場は割れんばかりの拍手で、内田さんは深々としたおじぎで、それに応えていました。

調律はハンブルク・スタインウェイの技術者のジョルジュ・アマン氏が担当していました。ピアニストは自分の楽器を持ち歩くことができませんので、その代わりに自分の好みを理解し、要望に応える技術力を持った調律師を指名することがあります。今回のすばらしい演奏の影には氏の技術力も影響していたのでしょう。

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

オーバーホール?

先日あるお客様から問い合わせの電話がありました。「お宅でオーバーホールをしていただくといくらかかりますか?」との事でした。弦などをすべて交換した場合の料金を知りたいご様子でした。「他社でオーバーホールが必要と言われたのですか?」とお聞きすると「そうです」との事。「では、オーバーホールが必要かどうか、一度ピアノを見させていただきます」とお返事して後日訪問しました。

お伺いしてピアノを見ると、低音部の弦の一部に少し錆がある程度です。約30年前のピアノですが、あまり弾き込まれた様子もなく、部品の摩耗もほとんどありませんでした。しかし、ある業者の出した見積もりは修理代42万円! 実は、今回のような問い合わせは過去にも何度かありました。割安な調律料金で、調律の年数があいていても同じ料金という広告を出して、訪問してからピアノの傷んでいる個所を探して、修理を勧めるパターンです。

結局は、一日かけて総合メンテナンスをすれば充分弾ける状態になり、お客様にも喜んでいただけました。もし、高額な修理が必要と言われた場合には、ピアノの先生宅に来ている調律師など、信頼できる技術者に一度ご相談下さい。

Img_2267

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

思い出の場所

先日は、富田林市のパーフェクトリバティー教団にある職員寮に伺いました。私はPL学園の卒業生ですが、高校時代に住んでいた音楽寮(現在は職員寮)という建物にあったピアノを、別の寮に移動して調律して欲しいとのご依頼でした。

ピアノ運送の下見のために、約30年ぶりに旧音楽寮に入った時は、懐かしさが込み上げてきました。この寮や、私たちが吹奏楽団の練習をしていた施設も取り壊す予定だそうです。何とも寂しい限りです

下の画像は移動後の新しい職員寮での作業風景です。前回の調律は昭和56年!!やりがいがありました

Img_2253

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

ハンマー交換 その後

先日の仕事は、河内長野市で声楽を指導されている先生のお宅でした。2年ほど前にドイツのレンナー社のハンマーに交換させていただきました。新しい部品は交換してしばらくは変化が大きくなります。弾きこみと調整を繰り返して、徐々にそのハンマー本来の音と響きがつくられます。このハンマーも2年が経過して、レンナーらしい鳴り方になってきました。

Img_2250

先生が指導されている女声合唱団「いわき会」のコンサートが、12月3日に大阪狭山市のサヤカホールで行われるそうです。興味のある方は是非聴きに行って下さい。

Iwakikai

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

ちょっと寄り道

先日は柏原市にある大学での仕事でしたので、帰りに奈良県香芝市から大阪府の太子町へ抜ける県道沿いにある「どんづる峯」へ寄り道しました。

Img_2242

Img_2241

近くにある二上山の火山活動により火山岩屑が沈積し、その後の隆起によって凝灰岩が露出し、風化、浸食を経てこのような風景になったそうです。坂道を登ると、斜めに堆積した灰白色の断崖が現れ、まさしく奇勝の名にふさわしい場所です。

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »