« 思い出の場所 | トップページ | 内田光子コンサート »

オーバーホール?

先日あるお客様から問い合わせの電話がありました。「お宅でオーバーホールをしていただくといくらかかりますか?」との事でした。弦などをすべて交換した場合の料金を知りたいご様子でした。「他社でオーバーホールが必要と言われたのですか?」とお聞きすると「そうです」との事。「では、オーバーホールが必要かどうか、一度ピアノを見させていただきます」とお返事して後日訪問しました。

お伺いしてピアノを見ると、低音部の弦の一部に少し錆がある程度です。約30年前のピアノですが、あまり弾き込まれた様子もなく、部品の摩耗もほとんどありませんでした。しかし、ある業者の出した見積もりは修理代42万円! 実は、今回のような問い合わせは過去にも何度かありました。割安な調律料金で、調律の年数があいていても同じ料金という広告を出して、訪問してからピアノの傷んでいる個所を探して、修理を勧めるパターンです。

結局は、一日かけて総合メンテナンスをすれば充分弾ける状態になり、お客様にも喜んでいただけました。もし、高額な修理が必要と言われた場合には、ピアノの先生宅に来ている調律師など、信頼できる技術者に一度ご相談下さい。

Img_2267

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

|

« 思い出の場所 | トップページ | 内田光子コンサート »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 思い出の場所 | トップページ | 内田光子コンサート »