« 雪景色 | トップページ | ディアパソンのメンテナンス »

ネズミの仕業

先日は河内長野市の新規のお客様のお宅へ伺いました。いつもお世話になっているピアノの先生からのご紹介です。鍵盤が何ヶ所も上がらなくて調子が悪いとのことでした。鍵盤が動かない原因は湿気の影響や、鍵盤の隙間に何か物が詰まっている、などが考えられます。

Img_2403

鍵盤を外してみて、今回の犯人はネズミだと分かりました。ピアノの中に入ったネズミの糞が鍵盤の間に詰まっていたのです。鍵盤の下には、ネズミがかじったフェルトのクズがありました。

Img_2402

幸い今回は軽傷で、鍵盤の下のクッションになる部品を数個交換しただけで済みました。ひどい場合は、内部ののフェルトやひも状の部品をほとんどかじって、それらを集めて鍵盤の下に巣を作ってしまいます。ご自宅や納屋などでネズミを見かけると言う方はお気をつけ下さい。

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

|

« 雪景色 | トップページ | ディアパソンのメンテナンス »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪景色 | トップページ | ディアパソンのメンテナンス »