« ネズミの仕業 | トップページ | 鶴橋商店街 »

ディアパソンのメンテナンス

先日は堺市の新規のお客様宅で総合メンテナンスでした。ピアノはディアパソンのグランドピアノ、DR-5でした。

Img_2422

ピアノを弾かれるご主人と、タッチや音のご希望などについて話をしながら、作業の方向性を考えました。 DR-5にはドイツのレンナー社のハンマーが付いています。重めのハンマーで、タッチも重い傾向のため、通常ならタッチを軽くする方向で作業をしますが、重めのタッチがお好みとのことでしたので、重量感を残しつつ、コントロールがしやすいタッチを心がけました。

ご主人は長年ピアノを弾かれていて、ピアノや音楽に関する知識も豊富な方でした。こういったお客様の要望に応えられるよう、我々も日々腕を磨かなければいけませんね。

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

|

« ネズミの仕業 | トップページ | 鶴橋商店街 »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネズミの仕業 | トップページ | 鶴橋商店街 »