« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

ピアノ発表会

先日は堺市のホールで、いつもお世話になっているF先生のピアノ発表会がありました。毎回調律のご依頼をいただいていますので、今回もお伺いしました。

Img_2655

このホールは響きが豊かなので、地元で人気のあるホールです。ピアノの発表会は、小さな子供が多いので、会場が騒がしくなりがちです。F先生の発表会では、「曲の途中での出入りはしない」「小さな子供がいる保護者は出入り口の近くに座る」などのアナウンスをして、観客がマナーを守るようにされています。

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

バットフレンジコードの交換

先日は富田林市の新規のお客様でした。高校生の娘さんが管楽器で音楽大学を受験するので、ピアノも弾くようになりご依頼いただきました。

Img_2650

ピアノはヤマハのU3H、外装を外してアクションをチェックしてみると、やはりバットフレンジコードが多数切れていました。今回は総合メンテナンスもご依頼いただきましたので、鍵盤の調整などの作業をしてからアクションをお預かりしてフレンジコードを貼り替え、調律や整音などの作業は修理後に行いました。

Img_2654

バットフレンジコードの交換は、今月はこれが2台目です。25~40年位年前の機種がよく切れていますが、それ以前の機種では切れていないのが不思議です。また、ヤマハ以外のメーカーは切れていません。当時の部品の質に問題があったのでしょうね。

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

奈良市にて

先日は奈良市での仕事でした。午前中はあるホールでコンサートの調律、そしてその後は夕方の6時から別のホールで、翌日のコンサートの前日調律でした。

ポッカリ空いてしまった時間をどう過ごそうかと考えた末、やはり奈良に来たのですから、奈良公園へ行って春日大社に参拝することにしました。

Img_2639

Img_2648

公園のあちこちで鹿をみかけます。 つぶらな瞳で可愛いですね。

Img_2636

Img_2637

この日も猛暑で、歩くのが大変でしたが、家族の健康をしっかりお祈りしてきました。

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

鍵盤の鉛調整

鍵盤にはタッチの重さを調整するための鉛が入れられています。鍵盤はシーソーのように動いていますので、鉛を手前側に入れるとタッチが軽くなり、奥側に入れると重くなります。

先日はお客様のお宅で鉛調整をしました。タッチが重めのピアノで、以前から軽くして欲しいとご希望がありました。整調などで軽くしましたが、やはり先生のお宅やくホールのピアノに比べてタッチが重いので、今回は鉛調整のご依頼でした。

Img_2634

大量生産のピアノは、鉛の量や位置を画一的にいれていますが、実際は同じモデルでも1台1台タッチが違います。欧米の一流のピアノは、鍵盤ごとに重さを量って鉛の量や位置を決めています。量産品でも、鉛調整をすることでバランスのとれたタッチにすることができます。

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

鍵盤ブッシングクロスの交換

先週は工房で、鍵盤ブッシングクロスの貼り換えをしていました。鍵盤ブッシングクロスとは、鍵盤と、鍵盤の動きの軸になる金属ピンの摩擦箇所に貼っているクロスです。摩耗すると、鍵盤の左右の遊びが大きくなり、緩く不安定なタッチになります。

Img_2633

コンクールに何度も入賞されている方が弾いていますので、練習量も多く摩耗も早くなります。 今回はドイツ製のカシミヤのクロスをニカワで接着しました。クロスの質によってもタッチが変わりますので、上質な部品を使うように心がけています。

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

フクヤマピアノ

先日は大阪府柏原市の新規のお客様でした。保育士の娘さんがピアノを弾いているそうです。ピアノは「フクヤマ&サンズ」、フクヤマピアノの製造元は、フローラピアノ、東洋ピアノ、アトラスピアノなど、モデルや時期によって違いますが、今回は東洋ピアノ製のようです。

Img_2631

Img_2630 

最初弾いた時に、こもった音や硬い音など音色のバラつきがかなりありました。 これはハンマーの弦に対する当たり具合のずれや、長年弾かれたことでハンマーのフェルトが硬化したこと、そしてアクションの調整のずれなどが原因です。整調や整音を行って、音の粒が揃いました。

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

中古ピアノの納品調律

先月、大阪府阪南市のお客様に中古ピアノを納品させていただきました。そして先日は納品調律にお伺いしました。調律や調整をしてから納品させていただきますが、運送での振動や、置き場所の環境の変化で、ピアノの音程や調整がが変化しますので、納品して少し落ち着いた頃に納品調律に伺います。

Img_2627

ピアノの先生からのご紹介のお客様でした。ディアパソンのウォルナット仕上げのピアノで、鍵盤は象牙を使用しています。ピアノ塗装のプロにお願いして、蓋の塗装の塗り替えや傷修理をしましたので、綺麗に仕上がり、お客様にも喜んでいただくことができました

4歳の娘さんがピアノを習っているそうです。どうぞ末永くご愛用下さい。

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »