« 見つめられて | トップページ | ショパンのワルツ »

調律師、村上輝久氏

先日は(社)日本ピアノ調律師協会関西支部大阪地区の研修会がありましたので、私も参加しました。今回は村上輝久氏を迎えての講演会です。村上氏といえば、ヨーロッパで技術の勉強中にミケランジェリやリヒテルの調律を担当し、NHKテレビの「プロジェクトX」に出演したことでも知られています。

Img_2660

数十年も前のミケランジェリやリヒテルとのエピソードを昨日のことのように話す記憶力に、まずは驚きました。私の場合、数日前の出来事もうまく説明できませんので またトリルの弾き方やフォルテの出し方を巨匠たちに教わった話は、うらやましい限りでした。

現在でも月に4~5回は演奏会を聴きに行くという村上氏、80歳を超えても音楽を愛する姿勢を見習わなければいけないと感じました。

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

|

« 見つめられて | トップページ | ショパンのワルツ »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 見つめられて | トップページ | ショパンのワルツ »