« 中古ピアノの納品調律 | トップページ | 断線 »

ショパンの手

最近は和歌山へ行く機会が多くなりました。先日お伺いしたお客様は、以前は大阪にお住まいでしたが、ご結婚されて和歌山市に引っ越されましたので、継続してご依頼いただきました。

ピアノはボストンのGP-178です。置き場所が変わると、楽器の響きも違った印象になりますね。

Img_2958

お部屋には、ショパンの手の置物がありました。お客様が以前、ポーランドへ行った時に買われたそうです。

Img_2960

自分の手を合わせてみると、男性にしてはあまり大きくない手でした。私は男性にしては、手はあまり大きくない方ですが、小指の長さはあまり変わりませんでした。薬指や中指は、ショパンの方が長かったです。

ピアノを弾く人なら、誰でもこの手が乗り移って欲しいと思うでしょうね。

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

|

« 中古ピアノの納品調律 | トップページ | 断線 »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中古ピアノの納品調律 | トップページ | 断線 »