« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

紀三井寺

先日は和歌山市の新規のお客様でした。いつもお世話になっているピアノの先生から、お友達の先生をご紹介いただきました。Img_3091

ピアノはヤマハのグランドピアノでした。整調の寸法が標準値から大きく外れて、楽器の表現力が狭くなっていましたので修正しました。

帰りは同じ和歌山市内にある紀三井寺に寄って来ました。本堂までは急な石段が続いて、途中で息切れしました

Img_3092

Img_3093

Img_3095

Img_3096

仏殿には、平成20年に落慶法要が営まれた大千手十一面観音菩薩像がありました。高さ12mの総漆金箔張りで、寄木立像としては日本最大だそうです。とても立派な観音様でしたが、やはり写真撮影は禁止でした。

Img_3097

仏殿からの眺めは最高でした

Img_3098

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

クラウスピアノ

先日は河内長野市の新規のお客様でした。メーカーはクラウス、浜松の大成ピアノで製造されていたピアノです。今回は総合メンテナンスをご依頼いただきましたので、一日お邪魔して、整調、調律、整音を行いました。

Img_3088

Img_3090

今回のお客様は、ご主人と息子さんが少林寺拳法をされています。当店の看板をご覧になって、ホームページで調べたところ、私が少林寺拳法の大会で会ったことがある拳士だと分かり、ご依頼いただいたそうです。世の中は狭いですね~

8歳の娘さんと、奥様がピアノを弾いているそうです。これから親子でピアノと少林寺拳法を楽しんで下さい

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ

| | コメント (0)

整音

先日は大阪府太子町の新規のお客様でした。いつもお伺いしているお客様からのご紹介です。

Img_3083

ピアノはヤマハYU10Wn、ウォルナット艶消し仕上げです。他店にて定期的に調律されていたそうですが、鍵盤の下にかなりホコリがたまっていましたので、まずは掃除をしました。

中学生の娘さんは、ピティナの本選に出場する腕前の持ち主です。かなり練習されているのでしょう、音もよく狂っていましたし、音色も硬く粗い音になっていました。ハンマーのフェルトは、弦を叩くことで徐々に硬くなって、音に柔軟性が無くなりますので、整音をしてフェルトに弾力を持たせることが必要になります。

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ

| | コメント (0)

いい調律

コンサートの仕事をしていると、たまにとても「いい調律」に出会うことがあります。

Img_3081

ここで言う「いい調律」とは、「音程が正確である」ことや「狂いが少ない」ということではなく、「良い音」と「良いタッチ」になっている調律のことです。

ピアニストに評価されている一流のピアノは、音の合わせ方で音色やタッチも変わってしまうから不思議です。現に私も、同じピアノが前回の調律師によって、別の楽器のように変わっていたことを何度も体験しています。

「いい調律」は調律師の永遠のテーマですね。

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ

| | コメント (0)

28年ぶり

先日は河内長野市の新規のお客様でした。いつもお伺いしているお客様からのご紹介です。

Img_3079

前回の調律は昭和59年ですので、28年ぶりの調律です。長期間調律していないと、当然音は大きく狂いますし、鍵盤や内部のアクションの調整も大きく変化します。今回も鍵盤が動きにくくなっていいたり、アクションの調整もかなりずれていましたので修正しました。

自分が弾いていいたピアノを、今度は自分の子供が弾くようになったのでご依頼いただきました。ピアノは調整をきちんとすれば、親子2代に渡って使うこともできます。

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ

| | コメント (0)

公民館にて

先日は、初めて伺う南河内郡河南町の公民館のピアノの調律でした。

Img_3078

私は富も名誉もありませんが、毎日仕事があって、家族が元気に暮らしていることに幸せを感じています。経営者になって人を動かすよりは、一生現場でピアノを触っていたいと思っています。ピアノ技術の仕事は、奥が深く難しいですが、あれこれ工夫して新しい発見があったときなど、嬉しくなって、ついついはまってしまう仕事です。

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ

| | コメント (0)

ピアノ記念日

先日は大阪府堺市の新規のお客様でした。先月に、奥様が弾いていたピアノをご実家からご自宅へ移動されていただきましたので、新しい環境に落ち着いた頃に伺いました。

Img_3073

鍵盤が重く、鍵盤の高さも揃っていないので、直してほしいとのご希望がありました。ご実家で毎年調律されていたそうですが、残念ながら整調はほとんどされていなかったようです。今回は総合メンテナンスのご依頼でしたので、1日かけて内部の掃除、鍵盤の調整、アクションの調整、調律、整音をさせていただきました。

Img_3074

小学生の娘さんがピアノを弾いているそうです。先月ピアノが届いた日が、ピアノ記念日のようですね。ピアノが届いだ嬉しさがホワイトボードにあふれていました。この気持ちを忘れないで長くピアノを楽しんで欲しいですね。

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ

| | コメント (0)

まずは掃除から

先日は河内長野市の新規のお客様でした。ピアノはカワイのグランドピアノ、奥様は以前ピアノの先生をされていて、現在も演奏会の伴奏などのお仕事もされているそうです。

Img_3065

ピアノが湿気ていて弾きにくいとのことでした。確かにハンマーの動きが鈍くなっていましたので修理しました。そして、鍵盤の動きの軸になるピンが汚れて動きにくくなっていましたので、鍵盤を外して、たまっていたホコリを掃除してからピンを磨きました。

作業後は鍵盤がスムーズになり、ピアノの鳴りも変わりました。弾いていただくと、「ピアノが鳴っているのが、指からも感じます♪」とのことでした。グランドピアノの鍵盤を外すのは少し面倒ですが、やはりこれが作業の基本になりますね。

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ

| | コメント (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »