« ピアノ調律 大阪市にて | トップページ | ピアノ調律 大阪府千早赤阪村にて »

鍵盤の鉛調整

先日は工房にある中古ピアノの鍵盤の鉛調整を行っていました。

Img_3341

鍵盤には、鍵盤の後端に乗っているアクションの重さと、タッチの重さとのバランスをとるために鉛が入れられています。欧米の一流メーカーは1台1台鍵盤ごとにタッチの重さを量って、適正な位置に鉛を入れています。国産の量産品は器種ごとに画一的に入れていますが、ピアノは天然素材で作られていますので1台ごとに違うため、結果としてタッチが不揃いになります。

時間と手間はかかりますが、鍵盤ごとに計測して鉛の量や位置を決めることで、均一なタッチが得られます。

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ

|

« ピアノ調律 大阪市にて | トップページ | ピアノ調律 大阪府千早赤阪村にて »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピアノ調律 大阪市にて | トップページ | ピアノ調律 大阪府千早赤阪村にて »