« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

アメリカ製のピアノ

「実家に置いているピアノが使えるか見ていただけないでしょうか?」 お客様から電話がありお伺いしました。「調律や調整は大きく変化していて、弦も1本切れていますが、きっちり調整すれば使えるでしょう」とご説明して、ご自宅へ運送の手配をさせていただき、先日総合メンテナンスに伺いました。

Img_3550

いつも頼んでいる運送のプロが丁寧に運んで下さいました。

Img_3551

内部にホコリがたまっていましたので、鍵盤を外して掃除から始めます。

Img_3556_2

メーカーは「LESTER」(レスター)です。日本製にも以前レスターというメーカーがありましたが、このピアノはアメリカ製です。独特の軽いタッチと明るい音色です。

子供のころお父様の仕事の関係でアメリカに住んでいた時に、ニューヨークの楽器店で買ってもらったピアノだそうです。アメリカで暮らしていたころのたくさんの思い出が詰まっているんでしょうね。

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ

| | コメント (0)

ピアノ調律 大阪府岸和田市にて

新規のお客様から、ご実家からご自宅へのピアノの運送と調律のご依頼がありました。運送はいつも頼んでいる運送のプロに依頼して、先日移動後の調律にお伺いしました。

Img_3548

ピアノはアトラスのアップライトでした。長年調律をされていなかったので、音程が大幅に低くなっていました。また、鍵盤や内部のアクションの調整も、調律をしていなかった期間に比例して大きく変化してしまいます。約3時間の作業で、ようやく普通に弾ける状態になりました。

「こんなに時間がかかるんですね」とお客様は驚かれたご様子でした。調律は音程を合わせること以外にも、多くの作業がありますので、より良いコンディションにするためには、どうしても時間がかかってしまいます。

小学1年生の娘さんがこれからピアノを習うそうです。久し振りに調律をしてもらって、また弾いてもらえる日が来て、ピアノも喜んでいるでしょうね。

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ

| | コメント (0)

ホテルにて

先日は大阪市内のホテルにあるピアノの調律でした。

Img_3532

翌日の催しのために、夜の9時からピアノの移動をしてその後に調律しました。翌日は朝から会場を使うので仕方ないスケジュールですが、家に帰った時は日付が変わる直前でした。

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ

| | コメント (0)

公民館にて

先日は公民館にあるピアノの調律でした。

Img_3513

今回で2回目の訪問です。以前は音合わせ以外の作業はほとんどされていなかったような状態でしたので、毎回時間と手間がかかります。

以前の私なら、前任者に腹が立ちましたが最近はあまりそう感じなくなりました。整調や整音など色々な作業ができるので自分にとって良い経験になる、と前向きに考えるようにしています。少しは成長したのでしょうか・・・

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ

| | コメント (0)

ハンマー交換

工房ではハンマーの交換をしています。お客様のご実家で眠っていた50年前に製造されたピアノですが、基本的な作りはしっかりしていますので修理して使うことになりました。ハンマーのフェルトが劣化していましたので、今回はドイツのアベル社製のハンマーの交換しています。品質の良いハンマーに交換することで、音もグレードアップします。

Img_3518

ハンマーの取り付け角度に合わせて穴を開けます。そして、接着はボンドではなくニカワを使います。

Img_3528

どんな音になるか楽しみです。

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ

| | コメント (0)

ピアノ調律 小学校にて

仕事が立て込んでいて、ブログの更新が遅れてしまいました。小学校の音楽室のピアノの調律に行って来ました。

Img_3511

見た目は普通のヤマハG3なのですが、アクションを取り付けているブラケットとアクションレールがスタインウェイとそっくりな部品になっています。

ブラケットやレールは国産でアクションをドイツ製に交換しているピアノはありますが、ブラケットとレールがスタインウェイ仕様で、ハンマーなどのアクションはヤマハ製というのは、このピアノ以外には見たことがありません。以前にもブログで紹介しましたが、何度見ても不思議なピアノです。

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ

| | コメント (0)

中古ピアノが仕上がりました♪

工房で整備していた中古ピアノのカワイ K-25が仕上がりました。

Img_3501

人気のあるコンパクトサイズで木目つや消し仕上げです。マホガニーはつや出しが多いので、つや消しはめずらしい1台です。ウォルナットよりは明るめで上品な色ですね。

年式が新しいので綺麗ですし、蓋がゆっくり閉まるソフトフォールシステムも付いています。興味のある方はホームページをご覧下さい。

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ

| | コメント (0)

35年ぶり

先日の新規のお客様は35年ぶりの調律でした。

Img_3500

ピッチは約半音低くなっていました。古いピアノでピッチが大きく下がっている場合は、調律中に弦が切れてしまう場合がありますので慎重に作業をします。ピッチを上げてもすぐに弦が緩んでしまいますので、何度か調律を繰り返して正しい音程に合わせます。

調律の年数があいていると、鍵盤や内部のアクションの調整も、音程と同様に大きく変化していますので、作業にも手間と時間がかかってしまいます。

内部の清掃や整調などをして、3時間コースで何とか弾ける状態になりました。

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ

| | コメント (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »