« ピアノクリーニング | トップページ | お買い上げありがとうございました »

ネズミの巣

工房では新規のお客様のご依頼で、ピアノをお預かりしてクリーニングと総合メンテナンスをしていました。ピアノが届いた日に外装を外してみると、内部にネズミの巣がありました。

Kc460049

上の画像は、鍵盤を外したところです。鍵盤の下にあるパンチングクロスという部品をかじって、大きな巣を作っていました。

Img_4257

掃除をして新しい部品を取り付けました。長年調律をされていないと、今回のようなネズミの被害や、フェルトの虫食い、弦や金属部品の錆などでピアノが傷んでしまうことがあります。たまには調律をされて、内部の点検をしてもらうことをお勧め致します。

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ

|

« ピアノクリーニング | トップページ | お買い上げありがとうございました »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピアノクリーニング | トップページ | お買い上げありがとうございました »