« 京都にて | トップページ | スタインマイヤー »

全滅でした

先日は工房で、ヤマハのアップライトピアノの定番修理であるバットフレンジコードの交換をしていました。この修理は相当数経験しましたので、かなり手際も良くなってきました。

Img_4511

今回のピアノは、ほとんどのコードが切れていてほぼ全滅でした。フレンジコードが切れていると、連打がしにくくなりますし、レットオフという鍵盤のタッチや音の強弱などに影響する調整ができなくなります。

私の場合は、同時にハンマーのフェルトを削って形を整えるファイリングも行います。ファイリングをすれば、ハンマーの弦に対する当たり具合も修正できます。

修理の時に関連する調整も行って、状態がより良くなるような作業を心掛けています。

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ

|

« 京都にて | トップページ | スタインマイヤー »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京都にて | トップページ | スタインマイヤー »