« 8手連弾 | トップページ | 古典調律の研修会 »

消音ピアノユニットの交換

初期のテクニクス消音ピアノユニットを取り付けているお客様から、鍵盤のタッチが重いとご指摘がありました。初期の商品は、鍵盤の下のセンサーがゴムスイッチになっていてタッチが重くなってしまうことをご説明したところ、新しい消音ピアノユニットに交換して欲しいとのことでした。

Img_4661

上の画像が、鍵盤の下にあるゴムスイッチです。鍵盤がこのスイッチに接触して、重くボヨボヨしたタッチになってしまいます。

Img_4663

新しく取り付けたコルグの商品のセンサーレールです。非接触式の光センサーで鍵盤の動きを感知しますので、タッチの重さは変わりません。

今回取り付けたコルグの消音ピアノユニットは、本体価格が¥55,000(税別)ですので、初期のテクニクス製の半額以下になりました。電子技術は日々進歩しますね。

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ

|

« 8手連弾 | トップページ | 古典調律の研修会 »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 8手連弾 | トップページ | 古典調律の研修会 »