« 消音ピアノユニットの取り付け | トップページ | 綜合メンテナンス »

工房にて

先日は工房にある中古ピアノの整備をしていました。

Img_5000

鍵盤の摩擦箇所に貼っている、ブッシングクロスという布製の部品の貼り替えです。弾いているうちに摩耗して鍵盤が緩くなりますので、交換が必要になります。

ドイツ製のカシミヤブッシングクロスを、ドイツ製のニカワを使って貼り換えます。良い部品を使うことで、より上質なタッチに仕上がります。

田中ピアノサービス http://homepage2.nifty.com/tps/

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ

|

« 消音ピアノユニットの取り付け | トップページ | 綜合メンテナンス »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 消音ピアノユニットの取り付け | トップページ | 綜合メンテナンス »