« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

中古ピアノが仕上がりました♪

工房で整備していた中古ピアノのカワイ BL-51Sが仕上がりました。

Dsc_06761

ドイツのレンナー社製ハンマーを使用した特別モデルです。マフラーフェルトや、パンチングクロスなどの部品も交換しています。

興味のある方は、ホームページをご覧ください。

田中ピアノサービス

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


ピアノランキング

| | コメント (0)

鍵盤が上がらない

ホームページをご覧になった新規のお客様から、鍵盤が上がらない個所があるので、修理と調律をして欲しいとのご依頼がありました。

Dsc_06751

鍵盤が上がらない原因は、粒状のゴミが鍵盤の間に挟まっていたためでした。鍵盤を外して、内部の掃除をすれば直りました。

鍵盤の間に異物が挟まって上がらなくなる故障はよくあります。ご飯粒や折れた鉛筆の芯、ビーズなど原因は様々です。何も挟まっていない場合は、湿気による作動不良などが考えられます。

田中ピアノサービス

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


ピアノランキング

| | コメント (0)

25年ぶり

先日お伺いした新規のお客様は、25年ぶりの調律でした。

Dsc_06581

遠方にお住いのお孫さんが、帰って来た時に良い状態で弾けるようにという思いでご依頼いただきました。

音程は全体に低くなり、動きにくい鍵盤や、鍵盤の軸になるピンが錆びている個所もありました。調律を繰り返して音程を合わせ、鍵盤のピンの錆取りをして、スムーズに動くように調整しました。

田中ピアノサービス

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


ピアノランキング

| | コメント (0)

料金は3分の1でした

新規のお客様からご依頼がありました。

Dsc_06571

ピアノはヤマハのU3H、しばらく弾いていなかったので26年ぶりの調律でした。

音が出にくい個所があるとのことで内部を見てみると、バットフレンジコードが何本も切れていて、外れたバネが他の部品に接触していました。アクションをお預かりして、バットフレンジコードの交換をさせていただくことになりました。

他店で見てもらったところ、調律と修理で15万円の見積もりだったそうですが、当店では3分の1の料金で済みました。

田中ピアノサービス

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


ピアノランキング

| | コメント (0)

総合メンテナンス

グランドピアノの総合メンテナンスのご依頼がありました。

Dsc_06541

以前はアップライトピアノをお使いでしたが、ピアノの先生のご紹介でグランドピアノ譲っていただいたそうです。

総合メンテナンスは、ホールのピアノの保守点検のように、すべての作業項目をチェックして調整します。一般家庭のピアノで、整調や整音がきっちりされているピアノは意外に少ないのが現状です。

一般家庭のお客様でも、整調や整音の大切さを分かっている方が増えてきたことを実感します。

田中ピアノサービス

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


ピアノランキング

| | コメント (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »